モ人化計画〜モルディブの人々と生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 授業終了

<<   作成日時 : 2010/11/05 09:41   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

お天気 気温28℃ 湿度74%

昨日一年間の授業を終えた。
そして、土曜日に音楽理論の試験を無事に迎えることが出来そうだ。
上司がイギリス本校に必ず支払うからテストペーパーは送って欲しいとお願いしてくれ無事にテストペーパーが届いたから。
支払いが済んだかどうかは謎
まぁ、いいよね、テストが予定通り行われるってことは、生徒との約束を果たせるっていうことだから。
そんな働きかけをしてくれた上司に感謝。。。と思いつつ、昨日はその上司の発言にぶち切れて、涙が出そうになった。

ここモルディブでは、全国共通高校卒業試験的なものが、イギリスのテストを採用している。
そして、イギリスのテストを行う為には、学校関係者以外の「試験監督」が試験を執り行うということになっているらしい
部外者に頼んだほうがテストの公正性が増すという理由も大きい。
NCAも、イギリスのシラバスを使っているので、今回も「試験監督」をNCA部外者にお願いすることになった。
で、今日最後の授業で、子供達に必死に最後の追い込み指導しているところにその「試験監督」が試験会場の視察にやってきた。
試験会場は、もちろん教室。

試験監督に「よろしくお願いします
と、挨拶した一言目に試験監督が私に聞いた。

「ミスは何故今日授業をしているのですか?」



ピアニー「何故って・・今日までが授業って言うことになってるし、試験前の最後の授業だし・・・・なんで?」
試験官 「試験会場で48時間前に授業することは禁止されているんですよ」
ピアニー「・・・?トリニティーのシラバスにはそんなこと明記されてませんが・・・」
試験官 「イギリスのテストは、そういうルールなんです。(そんなのも知らないんですか?的な顔で・・・)」
ピアニー「・・・・エヘンタ(そうですか。。)それは知りませんでした。」
試験官 「今度からは気をつけてくださいね!!(かなり強硬な態度で迫る)」
ピアニー 「はぁ。。。でも知らなかったので。。。いや、すみませんでした」
上司  「ミスの判断には私からも謝ります、すみません。。」
ピアニー  (それってフォローになってない・・)

なんで授業すること咎めらなきゃいけないんだろうなぁ〜・・腑に落ちない。。と、思いつつ授業に戻る。
そして、授業後上司に試験会場準備のことで電話したら

「(不機嫌そうに)だからピアノの試験が終わったら授業はもうストップした方がいいって言ったじゃないか。」
「試験監督立会いのもと試験会場準備しなきゃいけないんだよ、今日はもう準備出来ない」

と、言われた。
確かに、ピアノの試験が終わった時にそんなことを言われていた。
でも、それは年間計画に入っていたことじゃないし、私の計画ではピアノの試験後、音楽理論の勉強が間に合ってない生徒のフォローアップや、模擬試験を行う予定だったので、そんなこと突然言われても、生徒達が路頭に迷うだろうし出来ないと断っていた。
生徒たちには前々から、ピアノの試験後も授業はあるからと伝えていたし。
試験会場の準備は数時間もあれば出来ることだと認識していたし。

ピアニー「準備できていない生徒を放ってはおけないでしょう?それに前から予定していたことだし。突然やめたら無責任でしょ?」
上司  「48時間前には試験会場使っちゃいけないんだよ」
ピアニー「そんなこと今日初めて聞きましたよ・・アリさん(上司の名前)だって言ってなかったじゃん」
上司  「何度も僕は授業しないほうがいいって言ったのに、ピアニーが「なんで?」っていつも言うから僕は言うのを諦めたんだよ。」

え?私のせいなの?
もっと早く48時間前ルール知ってたら、違うところで授業することだって計画出来たじゃん。
私が、「なんで?」って聞いた時にはきちんとした理由言ってなかったじゃん。
知ってたならもっと早く言ってほしかったし、全く聞く耳持ってないような言い方をされて、すごく悔しくなった。

電話の向こうでぶちぶちずっと文句を言い続ける上司。。。

ピアニー「私が悪かったよ、だからもうそのことぶつぶつ言うのこれ以上やめて。。。」

と言って電話を切った。。。

今日のことだけじゃなくて、最近上司にがっかりすることが続いていたので本当に今日は凹んだ。
でも、ひょっとしたらピアニーも本当に聞く耳が少し足りなかったのかもしれないと反省したり。。。
そう、最初にも書いたけれど、上司の働きかけがなかったらきっと試験自体が無くなっていただろうから、それには感謝しなきゃ。。

もっと早くに色々計画して準備すれば避けられることなんですけどね。。
まぁ、それがモルディブなんだ。
ついつい一生懸命になり過ぎて、生徒のことや授業内容のことばかり考えすぎて、大事なcooperationを忘れかけていたかもしれない。
10頼んで1つか2つのことしか実行してくれない上司でも、毎日毎日言い続けてやっと動いてくれる上司でも、
彼がいなかったら私の活動成り立たないもんね。。

そんな、上司とも今年でお別れ
何故って、NCAが音楽クラスを止めるから。。。。。って、えぇぇ〜〜〜???
大丈夫です。来年から音楽クラスは教育省の管轄になり、教育省が運営することになるそうです。

なるそう・・・・次年度までもう2ヶ月切っているのに詳細は未だ全然不明。。
ピアニーの残りの活動半年もかなり不明。。。

でも、だいじょうぶ。That’s MALDIVES ですから。
あせらないあせらない


画像
最後の授業で。
今年ピアノを始めたちびっ子達です


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いるいる、そうやってコロコロ意見を変えるようなタイプ。何もかも曖昧で、勝手な解釈を。
ギリギリにならないと、何も誰も動かないし。
そんな人たちに囲まれていたら、凹むこといっぱいですけど、頑張れ。応援していまーす。
美味しいものでも食べて元気を出して下され。
やすえ
2010/11/05 18:30
国が違えば文化や考え方も違うのか。
日本では経験出来ないことだけど、いざ直面すると戸惑う。

と、訳の分からないことを言ってしまった(笑)

このブログを見ていると、先生の授業をもっと受けられば良かったし、もっと沢山質問したりすれば良かったのを今になって後悔してます(涙)

先生のこと、いつも応援しているからね〜
ととと
2010/11/06 01:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
授業終了 モ人化計画〜モルディブの人々と生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる