モ人化計画〜モルディブの人々と生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS テスト期間

<<   作成日時 : 2010/10/30 04:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

お天気 気温28℃ 湿度79%

もうすぐ10月が終わる。
そしてモルディブの学校は今テスト時期。
このテストが終わると11月の初旬から12月一杯、モルディブの子供たちにとっては長い長い長期休暇に入る。
我が配属先のNCA音楽クラスも、2週間前にピアノのテストを終え、来週は音楽理論のテストをして、そして1月までの休暇に入る。
私の一年の活動も山場です

多くの途上国でサーティフィケイト(資格免許状)の取得がとても意味があるものとされているのと同じく、やはりモ人もサーティフィケイトが大好き
どんな小さなワークショップやコースでも、必ず

「サーティフィケイトはもらえるの?」

と聞かれます。
「参加証」のようなものではあまり満足しないようで、「使える」物を要求されるのでけっこう厄介だったりもします

さて、NCAではイギリスのトリニティーカレッジのシラバスを使ってます。
なので、もらえるサーティフィケイトも「インターナショナルサーティフィケイト」とあって、モ人も頑張ります。
日本ではヤマハのグレードテストが有名ですが、トリニティーもそれと同じような感じです。
テスト内容もただピアノを演奏するというものではなく、

・楽曲演奏(3曲)
・練習曲(3曲)
・音階、分散和音演奏
・新曲視奏
・聴音能力テスト

など、かなり多様
学校での音楽の授業が確立されていないモルディブにしては、かなり高度内容になっております。
そして、このテストにはなんとイギリス本校からイギリス人の試験官を招待して行われます

テストを一ヶ月前に控えた9月中旬、ラマザン(断食月)を終えても上司が来ない日が続き、業を煮やして電話する。

「テスト一ヶ月前だから、日程とか生徒にインフォメーションしたいんだけれど。」

しかし、判明したことはテストの受験料が支払われていなかったこと・・・・
既に、受験料支払期限はとっくに過ぎている・・・
モルディブは途上国ですから、色々なことがサクサクと進まないことを想定して、7月末には受験する生徒の名簿など提出してあれだけ頼んだのに・・・・
それから、毎日のように

ピアニー「払った?」
上司  「まだ・・・。間に合わなかったら、キャンセルだね・・。」
ピアニー「マジ???

の会話が続き、結局入金が済んだのはなんとテスト二日前 
それでも、きちんと準備をしていてくれて、試験官をモルディブに送ってくれたトリニティーカレッジに感謝{
結果は厳しいものでしたが、何とか全生徒にテストを受けさせてあげることが出来てひとまずホッ

そして、一週間後に音楽理論のテストを控えた今。。。。。

やはり、まだ受験料が支払われていない・・・・

画像
イギリスからやってきた試験官と奥さん
真ん中は私のカウンターパートでもあり生徒でもあるハナンちゃん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
★ととと
いつもコメントありがとね〜!
そして就職内定おめでとう!
モルディブと日本、どっちがいいかなんて比べられないよう〜
いい所も難しい所もそれぞれ。。。
とは、言いつつ、日本はご飯が美味しいからやっぱり日本がいぃ
ピアニー
2010/10/30 04:17
ピアニーさん、ありがとうございます。
年内に決めたかったので良かったよ(^O^)
半分モ人になっちゃったね(笑)
帰国する際は御一報を!ご飯もしくは飲みに行きましょう!
ととと
2010/11/03 08:16
支払いとか遅いのはここだけじゃないんだ。
でも、最近は遅れると罰金を払わなければいけないので、みんな締め切りを守るようにしていますって、なんだかね。
もしかして子供達のお休み中は一時帰国とかするの?
やすえ
2010/11/04 19:23
どんだけ〜(←今ね、日本でコレ流行ってます)
モ人のそういうとこには感化されないでね(笑)
P
2010/11/05 07:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
テスト期間 モ人化計画〜モルディブの人々と生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる