モ人化計画〜モルディブの人々と生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 旗・写真係

<<   作成日時 : 2010/10/02 04:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

お天気 気温26℃ 湿度94%

協力隊はふだん配属先での活動の他に隊員内での色々な仕事があります。
例えば隊員待機所であるホステルを管理したり、年2度行われる隊員総会や日本もルディブ祭りを企画実行したり、隊員機関紙を発行したり、etc。。。。
これら全ての隊員活動を隊員全員が学校の「係り」のように役割分担して担当者を決めています。
で、ピアニーは昨年の12月から「旗・写真係」というのを務めております。
仕事内容は簡潔に言えば以下の二つ。

@新隊員の到着報告
A帰国隊員の帰国報告

ここもルディブは島国で、隊員のほとんどが地方の島で活動している為、隊員の歓迎会や送別会を行うことが容易ではありません。
なので、この旗・写真係が出迎えと見送りをし、写真を撮って全隊員に報告するという形をとっています。
特に帰国隊員は必ず空港チェックインあと、何故か一芸をするというのが伝統なので、その様子をいかに上手く伝えようかというのは毎回考えるところです

画像
これは新隊員が到着ゲートから出てきた時に初めて目にする出迎えの垂れ幕とモルディブ国旗






ピアニー達も到着時たくさんの先輩隊員がこの旗と共に迎えてくれたのを覚えて・・・いません・・・
誰もいないと思っていたので、びっくりして旗までは気が行きませんでした・・悲しいかな




画像
これは帰国隊員全員に渡しているモルディブ国旗






この小さな国旗には隊員とJICAモルディブスタッフ全員の直筆でメッセージがびっしりと書き込まれています
旗・写真係はこのメッセージを集めるのも仕事の一つです。
地方島隊員のほとんどは年2回の総会時にしかマーレに上京してこないので、年数回に分けて帰る隊員分のメッセージを集める為に逆算計算して、総会時に大多数のメッセージを書いてもらうことになります
これがけっこう人数が多いので、忘れそうでいつも確認する時にヒヤヒヤします。
忘れた人の分は係りが代筆するのですが、やっぱり直筆とは重みが違います
職種は違えど、同じ時期に一緒にもルディブで活動した隊員からのメッセージが詰まった旗を、任期を全うしてもらうのがピアニーは今からとても楽しみです

9月も2人の隊員を見送り、そして先週2日に分けて新協力隊員としんシニアボランティアを出迎えました
もうすぐ旗・写真係としての仕事も終わりを迎えます。
おそらく最後の仕事はJICAモルディブ支所長のお見送り。
そしてその次の次の次の次にはピアニーが見送られる立場になります






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旗・写真係 モ人化計画〜モルディブの人々と生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる